カテゴリ:病院・病気・ケガなど( 44 )
福の目・再検査
昨日は前の検査と治療から1週間後の再々検査でした。

結論から言えば、改善されてませんでした。
相変わらず、涙液試験紙は全然ぬれなかった・・・。

今の目薬は(点眼タイプで、透明度の低いクリーム色、粘りのある液体。遮光)
結果が思わしくないのと、目薬に刺激があるらしく、点眼するとすぐ目を何かにこすり付けるような行動をし始めたのもあり、軟膏に変更することになりました。

こっちはジェルで、下まぶたの裏にニュルっとつけ、目をぱちぱちさせて、目全体になじませるというやり方で行います。

これで一度様子をみましょうということになりました。


なんでもそうかもしれないけど、切り替えてから3日間くらいは
「なんか、良くなってる気がする!」
と胸おどります。

気がする、じゃないといいなあ。


目ばっかりいじられて、今はコットンを持ち出すと逃げるようになっちゃった福。
そりゃイヤだよなぁ・・・。と思うけど、がんばろうね!

d0147098_12131851.jpg


でもそれ以外はホントに元気!
たくさん歩くし、遊ぶし、食べるし!

食べ物をいつもほしがったり、「お散歩いこか!」というとクルクル回って喜んでいる。
そんな福が大好きだぁ~。


しかしアニコム保険入ってて、ホントに良かった…。
[PR]
by kowhuku | 2008-06-11 12:16 | 病院・病気・ケガなど
福の目の事
先週の話になるのですが、福の目がおかしかったので
病院に行ってきました。


前の記事に書いたとおり、福の左目は傷ついてます。
毎日のケアで「これ以上ヒドい状態は見られない低め安定」だったのですが、
先週から「低め安定よりも多く目やにが出る」状態が気になり、
また前の記事通り、一度今後の事も聞きたいなと思っていたので
見てもらいに行ったのです。

そしたらなんと、違う病気の可能性がでてきた。

乾性角結膜炎(ドライアイ)、又は角結膜乾燥症

涙には水分だけでなく、目にとって必要な栄養素がつまっているため、
不足すると、様々な病気を引き起こします。
結膜炎から始まり、角膜炎、最悪の場合は失明にまでいたる恐れがある病気です。


涙液分泌検査(目盛りが書かれた細長い紙を目の下に挟み、一定時間でどれくらい涙がしみ込むかを測る検査)をしました。
15mm位まで濡れるのが標準のところ、福は5mmも濡れてませんでした。
(右目は20mmも濡れました。ああ、その涙を左目に…)


原因は、先天性、アレルギー性、炎症、細菌性など様々ですが、
先天性の場合は生涯ケア(点眼による涙の補充)が必要になるそうです。

今の段階では先天性か後天性かどちらかが分からないため、
根本治療(ドライアイの原因となるものの治療)と涙の変わりとなる目薬の点眼をし、
1週間後にまた様子をみましょうと言う事になりました。


今までは角膜炎だと思っていたのに、今回、どうして「乾性角結膜炎(ドライアイ)」の可能性があると思ったのか。
獣医師が教えてくれました。
私の「目やにが目の中央から出ている感じがする。」という言葉からだそうです。
目やにやゴミは、普通だと瞬きすると目の端に移動するものらしいのですが、ドライアイだと動かなく(動きにくく)、いつまでも中央にある状態になるらしいです。

これを聞いて、私は「症状を伝える事」の難しさを知りました。
私は話が長く、要点がつかみにくい話し方をしているといつも気にしてたのですが、病気の症状に関しては、「簡潔系伝達」を意識するのはやめようと思いました。
それと、遠慮せず気になった事は何でも言ってみるべきだなぁと本当に思いました。


そして昨日がその「1週間後」だったのですが、
再検査したところ、涙の量は全く変わらず、でした…。
(つまり改善されてないということ)

もう1週間やってみよう、ということになり、来週まで判断は持ち越しとなりました。

しかし、少しだけど良いこともありました。
今までは毎日出ていた大量の黒い目やにが、全くと言っていいほど出なくなりました!
(ねばりのある白っぽい目やには出ますが…)
これは、「病気の原因が分かりかけている証拠」かもしれない…。
そう思うと、気持ちが前向きになってきます。
例えばもし生涯のケアが必要になったとしても(モチロン辛いのですが)、原因が分からないまま症状が安定せず、酷くなる状態を見ながら、効いているのか分からないケアをし続けているよりも、少しですが精神的には楽です。
というか、どんな事でも、何か動いている限りは「良い方向へ向かってる」と思いたい、というのが本音かもしれないけれど。


酷くなった目はこんな状態です。
もしかしたら何かの役に立つかもしれないと思って、写真をアップします。
もし、福と同じような状態の目になった時は、ドライアイも疑ってみて下さい。

※気持ち悪い画像なので、閲覧ご注意下さい。

More:ドライアイの目:閲覧注意
[PR]
by kowhuku | 2008-06-04 12:43 | 病院・病気・ケガなど
鑑札と証明書が届きました♪
先週の病院通いから約1週間後。再度病院に行きました。

今回は、フィラリア薬処方とフロントラインと耳の再検査。

先週怪しかった左耳は、「キレイになってる」と言われました♪良かった良かった。
しかし梅雨時期に発症するケースが多いと教えてもらったので、注意しています。
そして、、、

d0147098_09125.jpg

ようやく福の登録が完了しました。


犬の鑑札もらうのは初めての経験。
正直な感想を言えば、「これいっこいっこ作ってるんだよなぁ…」


これから散歩の時はこれを付けていくわけですが、
どやって首輪につけようか?
そしてこの鑑札、触るとフチが結構鋭利。肌を切ることはないのだろうか?
このフチを縁取るアイテムとかがあるといいなあ。
あるのかな?


d0147098_01544.jpg
『これでフクも立派な犬デスね?』


ふとんの上でくつろぐ福。
でも実際はどんな格好をしているかというと、

d0147098_031534.jpg
こんな感じ。


こんな事も私にとっては、初めての経験で、胸躍ります。
たぶん鑑札つけた犬を自慢げに連れて歩いてる人がいたら、それはきっと私です。すみません。

More:おまけ画像☆
[PR]
by kowhuku | 2008-05-02 00:06 | 病院・病気・ケガなど
狂犬病注射:ホームドクター?:福の目の事
d0147098_040432.jpg

※携帯カメラなので画像が粗いです。

行かねば行かねばと思っていた狂犬病注射。
思っていた矢先に福のヒート。
病院に相談したら、もともと敏感なタイプっぽいから(2,3回だけしか見てないのにすごい!)ヒートが終わった後にした方がいいかも、とアドバイスいただき、そうすることにしたのはいいけど、私の仕事が予想以上に忙しかった為、ヒートが終わっても注射には行けてなかったのです。

が、ようやく仕事も一段落つき、久しぶりに行った公園での散歩の後、病院に行きました。

でも上記の病院ではなく(ごめん)、初めていく病院でしてもらった。
いつも行く病院はいいトコロなんですが、昔ながらの病院風で、「具合が悪くなったら行く」みたいな雰囲気があって(勝手にそう思っているだけかもしれないけど)。もう一つくらいホームドクターみたいなのを持っててもいいかもしれない、と思っていたのです。
今回行った所はうちから近いこともあり、扉をたたいたのでした。

今回やったこと

・狂犬病注射
・登録代行
(ワクチン接種と登録年数が近かったため、
 少し待って狂犬病注射の時期に登録する事を進められた)
・耳の検査&掃除
・細胞診
・フィラリア小虫検査


福、注射では暴れもせず平気だったのに、次にやった検査のための血液採取ではキャンキャン鳴いてました。
採取後、一度待合室へ戻ったのですが、出血が止まらず腕の毛に血がにじんでしまってた。それに気がついた先生がまた診察室へ連れて行き、丁寧に血を拭いてくれました。

検査結果

耳=右耳はおk。左耳は菌はいないけど、できやすい状態。
フィラリア=おk。



あと、初診なので、このコの左目の事を言った。



福の左目はいわゆる
「外傷によるキズが治りきらず、慢性化した状態」
です。

前よりは大分良くなってはいるのですが、
もうすでに角膜は色素沈着してしまっており、血管も入ってしまっています。
今は処方してもらった目薬2種と、人間が使う「涙に近い目薬」で
毎日大量に出る、黒くてすぐカピカピになる目やにと、白いネバネバした目やにを掃除しています。

で、元通りの透明な角膜に戻る確率はとても低い、と言われてました。

d0147098_17204680.jpg
ストロボをたいた写真。
左目が反射してません。


実は動物病院はココが3件目。
最初の病院では、点眼薬を処方してもらい、1ヶ月以上通っていたけれど、
治らず、
最後には「原因が分からない」と言われてしまいました。
メモ的に書き残すと、処方されてた目薬はパピテインとティアローズ。その前が結膜炎用のフタが白、本体が赤の目薬(捨ててしまって名前が分かんない)
※犬によって効果は違うと思うので、これが効かないと言ってる訳ではないです、念のため


2件目に行った、知人から教えてもらった病院で経緯を話したら、
「こういうキズは、できてから1週間が勝負なんです」と言われてしまい、
クラッとしました。

でも、こうなってしまったものは仕方ないし、
その先生も悪気があって言ってるわけでは全然なかったし、
前の病院で処方された目薬とは違う目薬を使って大分目に潤いが戻ってきたので、
(タチオン点眼用2%とタリビッド点眼液0.3%)
一番最悪な状況にならずにすんだと前向きに考えるようにしています。

d0147098_17225988.jpg
最近の写真。
かすかに、ですが、網膜に光が反射しているのがみえる。


今回の獣医に話すと、福の目を見て、「色素沈着」と「血管が入ってる」事を教えてくれました。(最初の病院でも「色素沈着」は言われた)
そして、目の模型(獣医がそれを取り出す時、棚の角にぶつけて模型がガチャっと分解した。笑えた)を使って丁寧に説明してくれました。

福的には今、左目は、「濃いサングラスをかけている」ような状態だということ。
治療としては、角膜切除(黒い部分をカットして、残りをつなぐ手術だったかな?すごい適当です。いい加減だな私も)をして、治るかどうか、ということ。

この「治るかどうか」の程度は、眼科専門の先生と相談してみないと分からないそうです。(極論、「治療は無理」と言われる可能性もあるということ)

でも先生は
「犬は目以外のハナや耳も人間以上に発達しているから、人間ほどは不便ではないと思う。日常生活に支障をきたしているわけじゃなさそうだし(例えばよくぶつかったり)、手術などの治療はゆっくり考えてもいいのではないか」
と言ってくれ、手術のこと、もっと深刻に考えた方がいいのかな…と深刻に考えてた私は、本当にホッとできました。
私も、「出来ることならそういう風に思っていたい」と思っていたからです。

でも、そうやってのんびりしているうちに、悪化してしまうのだろうか…。
(悪化してしまってこうなっているから)

また、落ち込みそうだ。いかんいかん。

来週に、フィラリアの薬とフロントラインをやってもらう予定です。
その時に、もう一回聞いてみよう。この状態から悪化することはあるのかどうか。


d0147098_1384940.jpg
『お花の匂いデス、くんくん』
[PR]
by kowhuku | 2008-04-25 01:39 | 病院・病気・ケガなど



トライカラーの小さめなキャバリア、福の成長ぶりや毎日の出来事をのんびり記録していきます。※リニューアル中※
by ぷー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
最新の記事
お久しぶりです
at 2015-04-08 14:13
テスト投稿
at 2014-07-24 12:00
久しぶりの更新:今までの福関..
at 2013-04-29 10:07
マルッと5年
at 2012-11-24 04:08
旧友に会いに清水へ
at 2012-11-23 11:04
私事:2012盆休みの記録
at 2012-11-18 06:00
カテゴリ
全体
ごあいさつ・自己紹介
福と出会うまで
日常
成長
記念日
フード・おやつ
病院・病気・ケガなど
アイテム
アイテム:手作り
お出かけ
犬同伴OK記録
お散歩
ドッグラン
旅行
思事・私事
福でのご縁
フリマ出店
携帯より
写真で遊ぶ
福と猫
未分類
タグ
自己紹介
◆福(フク)
4.8kgの小さめキャバリア・メス

◆ぷーさん
当ブログの書き手

◆むーやん
夫。たまに写真を担当


ブログ・記事のリンクはご自由にどうぞ♪
(会社関係の方はご一報くださると嬉しいです)


コメントやご連絡はコチラからどうぞ♪
kowhuku☆excite.co.jp
(☆を@に変更してね)


◆記事リンク中◆
バナーは岩国の口コミへリンク
岩国のホテルの口コミ
岩国市阿蘇市常滑市鳥羽市

◆UP後、文章を修正する場合があります。 大幅な変更等は記録を残しますが、それ以外では明記しません。ご了承ください。

◆当ブログ内の記事や画像に関する著作権は全てkowhukuにあります。
記事を流用される方は、配慮をお願いします。

◆過去記事にあるお店や場所は、現在犬同伴不可または可能、閉店になっている所もあります。
昔の記事を参考にされる方は、現状確認してからのお出かけを推奨いたします。



無料カウンター


アニコム損害保険

いつでも里親募集中



モバペ|ペット人気ブログランキング

人気ブログランキングへ
以前の記事
2015年 04月
2014年 07月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
more...
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
光ファイバーとは
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル